BLOG

DOG and FOX (LONDON)

2016.10.05

dog and fox

ロンドンの南西部に位置するwimbledon(ウィンブルドン)
閑静な住宅街とにぎやかな商業圏が混在している町。

チャイニーズレストラン、
カフェ、
インテリアショップと不動産屋、
洋服屋・・・
ハイスクールの生徒が放課後に立ち寄るマクドナルド、
スーパーマーケット。

そんなにぎやかな街の一角にある客室数17の小さなホテルです。
テニスもしないくせにウィンブルドンに泊まりました。はい。

dog and fox

お部屋はコンパクト。
狭いけれど天井が高いので圧迫感はありません。
印象としての部屋の狭さは感じないのですが、
いざスーツケースを広げようとするには場所がなくて、
そういう意味では確かに狭いのですが部屋がかわいいから良しとします(なんだそれ)

dog and fox

全体的にうっすらとグレーで塗装された壁。
なので白いリネンが引き立って清潔に見えます♪

パイピングを施したクッション。
ピンクとブルーを楽し気に使ったインテリアで
家具や壁はすべてペイント。

そのラフな感じがカジュアルで気楽な印象を与えています。

dog and fox

下北沢のアンティーク家具屋に売ってそうな・・・
そんな感じの使い古した家具が
とてもかわいい。

ピンクとブルー。

dog and fox

コーヒーマシーンと電気ポットが置いてあって
エスプレッソと紅茶を自分で淹れることが出来ます。

IMG_1481

一般的にはシャンデリアなどと合わせながら天井に使うことが多い「メダリオン」を、
壁面に施工してそこからペンダント照明を引っ張っているのがなんともおしゃれでした。
そのペンダント照明がゴールドというのがROCKでやんちゃな感じ!

dog and fox

dog and fox

 

dog and fox

dog and fox IMG_1478

ホテルの名前の由来は聞かなかったのでわかりませんが、
DOG and FOXというぐらいなので、
飾ってある絵やディスプレイ小物は犬か狐。

レトロな黒電話。

全体的にガサっとしたインテリアで庶民的で私はとても好きです。

サイドをブルーのファブリックに切り替えていたデザインカーテン。
その幅は30センチ。

dog and fox

 プレーンなベルベッド生地ですが印象に残るカーテンでした。
ベッドのヘッドボードもチェック柄でかわいらしく、
青いパイピングのデザインが効いています。

このパイピングがあるのとないのとではインテリアの印象が変わります。
ひと手間加えた感が出るよねって思います。

dog and fox

水回りもコンパクト。
シェブロン柄(幾何学)に貼られた床のタイルが今風な感じ。

dog and fox

テレビの配線はだらーんとしてまして、
狙ってるのか無頓着なのかは不明ですが、
(たぶん無頓着に一票)
このあたりのラフさも含めて気楽なホテルです。
(物は言いようw)

IMG_1486

dog and fox

これはおまけの廊下。
ピンボケごめんなさい。

dog and fox

 

(2016.9)

colorを入力してください。#ffffff

background-colorを入力してください。#5297ab

インテリアコーディネーター
三宅利佳

 


copyright©miyakerika