もどる

カーテンで変わるインテリア

2017.11.29 Wed.

これはもう、10年以上前のお客様。
私はまだ30代で、
長男は幼稚園児で
長女は産まれてまだ少ししかたってなくて

子育ての合間に
細々と頑張っていたころのお客様です。

いまでこそ、
インテリアコーディネートのご依頼をいただき
「ご予算は?」とお伺いすると
100万です、
300万です、
1000万です

・・・って言われますが

10年前の私は
お客さまのご予算が30万を超えることはめったにありませんでしたし
たまに30万を超えるご予算のお客さまに出会うと

わぁ、どうしよう、そんな大金を扱わせていただけるなんて
緊張するなぁ!
と思っていたものでした。

大きなリノベーションをするでもなく、
「ちょっとしたお部屋の模様替え」というのが主に多くいただいていたご相談だったのです。

で。

この画像のお客様も、
そんなちょっとした模様替えのご相談でした。
20代、お一人暮らしの女医さん。
雑然とした空間をなんとかしたい!ということだったと思います。

手持ちのものを利用して
レイアウトを変更して
コーディネートをさせていただいたのでした。

家じゅうのあちこちに散らばっていたカラーボックスを集合させて
上に1枚のカウンターを通しました。
ハンガーパイプを取り付けたりしながら
収納兼デスク、というスペースに生まれ変わりました。

 

今だったらたぶん、
整理収納アドバイザーさんに助っ人をお願いすると思いますが
当時のわたしはお片付けも含めて
ひとりで頑張ってやっていたんだなぁと・・・
(振り返って懐かしんでいるw)

パイプベッドはさすがに味気なかったので
お買い換えでご提案しました。

当時はアジアン風がトレンドだったのでしょう、
ハスの花みたいなペンダント照明を垂らして
ほんのりオリエンタルな雰囲気にしていました。

そして。カーテン。

そう。

部屋のカーテンを変えるだけで
どれだけ部屋の印象が変わる事かと

本当になんていうか、つくづく思いました。

っていう、

カーテンってすごいな、って自分の中で
なにかが目覚めた(?)きっかけの、お客様なんです。

いま見返せばね、
そんなたいしたことをやっていたわけでもないし
普通のフラットカーテンですが
この時、なんていうか、私の中の小さなスイッチが
人知れず、カチっとね、入ったような気がします。

それ以来、いまもずっと、カーテンのプランは大好きですが

柄を楽しむ、
ブランドにこだわる、

というよりは、私の場合は
窓辺のスタイリング、フォルムにこだわっているのかもしれません。
ふとそんなふうに思いました。

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::
オンラインサロン
::::::::::::::::::::::::::::::::::::

三宅利佳オンラインサロン
「フリーランスのインテリアコーディネーター研究室」
月額1,500円の会員制サロンです。
どなた様でもwelcomeです。
詳細とお申込み窓口

 

 

 

::::::::::::::::::::::::
You Tube動画
チャンネル登録
::::::::::::::::::::::::

 



 

 

 

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::
明日もまた
遊びに来てくださいね!
皆さま、良い一日を!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 
jay blueブログ | 
PAGE TOP

Copyright © jay blue