もどる

「インテリアコーディネーターのための起業塾 1DAY編」も終了。皆様の感想ブログ一挙にご紹介

2017.9.21 Thu.

オギャーと生まれた赤ちゃんと寝る、部屋。
ピンクとゴールドの華やかな輸入壁紙と、
JABのオーダーカーテンを納品させていただきました。
K様ありがとうございました。

さて。

先週は2日連続でセミナーに登壇しました。
1日目は「6時間しゃべる!」ってやつで
2日目は「3人でしゃべる!」ってやつでした。

それぞれのご報告を、イベント事例のページにアップしています。

6時間しゃべったのはこれ

トークセミナー「インテリアコーディネーターのためのゼロから始める起業塾 1DAY編」

3人でしゃべったのはこれ

コラボレーショントークショー「お客様の心を射止めるフリーランスの仕事術」

 

セミナーに参加された方々が書いてくださったブログは
それぞれのページ内にリンクをしています。
来れなかった人も、参加者の感想ブログを読んでいただければ、
どんな雰囲気だったのかーとか
どんなセミナーだったのかーってことが伝わってくることと思います。

で。

せっかくなので今日のブログには皆様の感想ブログを改めて・・・並べて置いてみましょう。
あ、先日の山口県でのセミナー感想も含め、
講師2名のブログも含め、並べてみますね。
はい。

■セミナー講師、かさこさんのブログ!
ネットだけで集客し売上約4000万をあげる2児のインテリアコーディネーター三宅利佳さん

■セミナー講師、佐佐木さんのブログ!
9.15フリーランス向けセミナー・トークショーの感想


■北海道のライフオーガナイザー榎本麻子さん
チャンス

■インテリアデザイナーの窪田雅代さん
2本書いてくれました♪
インテリアコーディネーターのためのゼロから始める起業塾!三宅利佳さんのセミナーレポートその1
フリーのインテリアコーディネーターを目指す人必見!ICのためのゼロから始める起業塾!三宅利佳さんのセミナーレポートその2

■インテリアコーディネーター&整理収納アドバイザーの 松本智子さん
2本書いてくれました♪
フリーランスの仕事術(9/15)
お客さまの心を射止めるフリーランスの仕事術(9/20)

■千葉県のインテリアコーディネーター yumitomiさん
 ご指名をいただけるICになるために~勉強してきました

■福岡のインテリアコーディネーター松永真由美さん
ネットだけで集客できる!・・・!?

■茨城県のインテリアコーディネーターで、茨城県IC協会事務局長の迫間美香さん
jay blue三宅利佳さん主催セミナーに行ってきました!

■静岡県のンテリアコーディネーター山賀史子さん
フリーランスの仕事塾

■福岡のインテリアコーディネーター本田奈津子さん
2本書いてくれました♪
ブログは毎日書こう(2017/9/11)
プレゼンはお客さまへのラブレター(2017/9/12)

 

皆様どうもありがとうございました!
さて、いかがでしょうか。
どの方のブログも「セミナーに行きました」という
同じ日の同じ出来事の報告ブログなのです、

が。

タイトル。

 

そう。

どういうタイトルがついているかで、
クリックしてみようかな、どうしようかな・・・
気持ちに差が出ると思いませんか?

 

ブログを書くときには「タイトル」は重要で
タイトルのつけ方しだいで
読んでもらえる読んでもらえないの差が出るんです

っていうことを
実は6時間セミナーのほうではお話をしました。
いかがでしょう、
せっかくブログを書くのなら
皆が読みたくなるようなタイトルだと
ベリーグッドと思います!

で。
かさこさん。
さすがですよね。
秀逸。
ダントツで目を引くタイトル。
読んでみようかなと思わせる・・・よね。
かさこさんを見習いたいと思います。

それにしても、
みなさんの感想ブログは本当に嬉しい。
なんていうか・・・

ラブレターのようだwwww

いや、正直、私は、
こんなに同業者の方がブログを読んでくれていたなんてこと
本当に、ここ最近なんですよ、知ったのは。

そんでもって、私という人間は相当な悪人でしてね
そりゃぁもう、ほら、すげーわけですよ、極悪非道、外道、血も涙もない、
まっとうな道を歩いたことがないっていうクソ人間なんですが
(いや、そこまで悪くないだろうにwwww)
どういうわけか、私のことを勘違いしてくれて

りかさんのファンです

と言ってくれる方がいる。

(その愛、間違ってますけどいいんでしょうか・・・)

ちょっと泣きたいような気分になります。
本当にどうもありがとう・・・・。

だいたいね
あー、はいはい、ブログで面白おかしく書いているだけでしょう?
そんなに悪い人なわけないでしょう?
りかさん、本当は情に厚かったりするんでしょう?なんて

いいように思っちゃいけません。
本当に、クソ人間ですからわたし。

じゃ、小学生の頃のエピソードをひとつ。

放課後の図書室に入りまして。
本を選んでいるフリをして。
片っ端から、カバーと中身を入れ替えるという。
つまり、国語辞典のケースの中に漢和辞典、
アガサクリスティのカバーの中に赤川次郎、
・・ってね。
カバーと中身をすり替えるなんていう
ただひたすらに
気味の悪いいたずらをしてました。

この話を聞いた息子と娘は言いました。

「ママ・・・闇が深すぎる・・・」

30年以上前のことなので時効にしてください。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

jay blueブログ | 
PAGE TOP

Copyright © jay blue