もどる

デザイナーショーハウスストーリーact9 トランクの扉

2015.10.19 Mon.

BLOG

リレー形式でお届けしています
デザイナーショーハウスストーリー
8話まで進んできました。

act1 エピローグ(jay blue    2015.10.9up)
act2 プロローグ(CBSOWM 2015.10.9up)
act3 コンセプトとラフ案(jay blue   2015.10.11up)
act4 壁紙を選ぶ(CBSOWM 2015.10.11up)
act5 進みだしたプラン(jay blue  2015.10.12up)
act6 ずれた額縁(CBSOWM 2015.10.13up)
act7 スクラップの壁(jay blue 2015.10.16up)
act8 VS (CBSOWM 2015.10.16up)

今回が9話目となります。

というわけで、
スクラップの壁は、お互いの切り抜きを持ち寄った対決の壁になりまして
ペロっとめくって黄色いシールが私、
赤いシールが吉川さん、という内容になりました。

銀色夏生(ぎんいろなつお)があったのにはびっくりしました。
「10代のころは全巻読破してましたよ!さすがに今は持ってないけど。
ていうか、なんで男の吉川さんが銀色夏生切り抜いてくるのかと摩訶不思議」
「男だって読んだっておかしくないやろ」
「いや・・・希少だと思いますけどww」

さて。
そんな切り抜きだらけのスクラップの壁面には
もうひとつディスプレイをしていました。

それが「トランクの扉」です。

BLOG

片開きの収納のように、
壁に取り付けられた2つのトランク。
扉をあけると、その中には

旅の思い出が詰め込まれている、というものにしました。

カバンに思い出を詰め込むという発想は
なんでもかんでも全部をとっておくのではなくて
断片的にコンパクトにまとめて
記憶をひっぱりだす引き金の役割になればいいなぁ、という
そんな思い出コレクターを意識しています。

BLOG

使い込まれた革のトランクには、
フロリダ州の湖の思い出を。
(トランクは、それらしい本物が欲しかったので、下北沢のアンティーク雑貨屋を捜し歩きました)

BLOG

淡い柄の書かれたトランクのほうには
ドイツ旅行の思い出を詰め込んでいます。

BLOG
街のスタンディングバーで飲んだビールチケットの半券を留めたクリップは
年月を経て錆びついている。

(という演出のために、クリップに洗剤ぶっかっけて2~3日放置して
さびさせましたwww)
(ビールのチケットや紙袋などは外国の紙小物を扱う雑貨屋さんで買いこみました)

このディスプレイも、言ってみれば本当に「ガラクタ」です。
けれども、愛おしい記憶として
こうやってインテリアの一部のように飾るのも
いいんじゃないかしら?という提案でした。

さて、ショーハウスが終了し、
展示に使いましたこのトランクは
今、私の手元にあります。

使い込んだこともないのに、すでに使い込まれているトランク。
ショーハウスのディスプレイに使ったという「思い出」がプラスされ・・・
私がこれからこのトランクを「本当に使い始める」のも
悪くはないような気がしています。
・・・ねぇ。どうでしょうか。

続きはこちら。
act10 ミニカーの木(CB SOWMブログ)

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今日もお読みいただきありがとうございます!

You Tube動画もあります。
チャンネル登録よろしくお願いします。

では、明日もまた
ブログを読みに遊びに来てくださいね!
皆さま、良い一日を!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 

 

 

jay blueブログ | コメントをどうぞ

この記事のトラックバックURL https://jay-blue.com/blog/12583/trackback

PAGE TOP

Copyright © jay blue