BLOG

ACE HOTEL LONDON SHOREDITCH (LONDON)

2017.10.08

ACE HOTEL LONDON SHOREDITCH
エースホテル ロンドン ショーディッチに宿泊しました。

エースホテルは、
欧米を中心に展開しているデザインホテルチェーンで
旅好きでなおかつデザイン感度の高い人たちに
絶大な人気を誇るホテル。
ニューヨークやシカゴなど9か所に存在しているが、
ロンドンのショーディッチ地区に出来たこのホテルは
2014年のホテルデザインアワードでも大賞をとっていて
ホテル業界に革命を起こしたと言われているのだ。

 

ロビーでは、グッズの販売もあったし、
1階のカフェはにぎわっていて
深夜遅くまでとにかく騒がしい。

ホテルの宿泊客だけでなく、
カフェやレストランも含め
人が集まるトレンドスポットになっている。

このホテルの特徴は、
新築で建築されたものではなくて、
古いホテルを改装した
いわゆる、リノベーション物件だということ。

そして、著名なインテリアデザイナーではなく、
地元のアーティストやクリエイターとコラボして
この空間を作り上げたということだ。

エレベーターから部屋へのアプローチ。
廊下には至るとこにモノクロのアート。

部屋に入ると、ギターとレコードプレイヤーがあることに気づく。
てきとーに1枚選んで、針を落としてみた。

JAZZ

ぐっっ・・・・
なんだこのホテル、めちゃめちゃオサレすぎる!と16歳の息子が思わずつぶやく。

ホテルといえば、
高級な価値観を与えようと必死になるものだけれど
ラグジュアリーだの
ハイエンドだのって
そんな年寄り臭い感覚をACE HOTELは一蹴している。

電球の色を変えるだけで
こんなにも空間が変わる。

ACE HOTELのサイトを見れば
こんな言葉が書かれている。

エースホテルは
「ソウルフルに生きる」という共通のマインドを持った
個性豊かな人々が集う場です。
私たちは、ホテルを新しく作り変えるつもりはありません。
目指すのは
いつも新鮮で活気があり、
人を大切にするホテルです。

フレンドリーな感じが
とても心地よいホテル。

横向きに、壁にくくりつけられた鉛筆削り器。
コンテナに無造作に入れられているミニバー。

 

ヴィンテージ家具。

デニムで作られた、ベッドヘッドカバー。
配管パイプで通した、電源。

 

オリジナルステーショナリーは、販売も。

棚、というのはこういうふうに作らなきゃ、という概念を無視した
スチールのラック。
立てかけられたレコード。

 

いま、人気があるのって
こういう感覚だよなぁって思う。

ごろごろする私。

かっこよく散らかった部屋、的な。

黒く塗りつぶされた天井。
黒いロールスクリーン。

 

 

 

水回りはこんな感じ。
グレーのタイル壁。
座面がコルクのスツール。
デニムのティッシュカバー。

 

 

ショーディッチ地区は、
東京に例えるならば代官山みたいな感じだと思う。
ソーホーはまるで新宿のようで、
ショーディッチは代官山~渋谷、そんなイメージだ。

 

 

 

いたるところに落書きアート。
点在するパブ。
アートギャラリーの数々。

ACE HOTELが似合うのは、ソーホーじゃない。
なるほど、ショーディッチだよなぁというのがよくわかる。

(2017.10)

colorを入力してください。#ffffff

background-colorを入力してください。#5297ab

インテリアコーディネーター
三宅利佳

 


copyright©miyakerika