もどる

夜の中。

2014.12.14 Sun.

朝と夜なら、夜が好きだ。

昼の太陽はあっけらかんとしてるし、
夜の月はだんまりを決め込んでいる。

私はね寡黙な世界のほうが好きなのです。

夜というのは、思考がちょっとDEEPになる。
そしてちょっと

刹那的で。
狂気を含んでいる。

夜に書いた手紙を朝になって読み返すほど恥ずかしいものはない。
そんな経験は誰にでもあるんだろうと思う。

夜に思いついたことは、たぶんちょっと恥ずかしくなるような大げさな気分のもの。

だけど、夜に書いたものは夜のうちに出しておくのも悪くはない。
それはひどく滑稽で大げさかもしれなかったけれど、
ある意味でそれは本当の声だ。

自分の本当の、声だ。

だから、朝がきて「冷静」というつまらないものに襲われる前に。

【オンラインサロン】
三宅利佳オンラインサロン
「フリーランスのインテリアコーディネーター研究室」
詳細とお申込み窓口

 


【Youtube】
チャンネル登録どうぞよろしくお願いします!
・三宅利佳インテリアサロン

 

 

 

jay blueブログ | コメントをどうぞ
PAGE TOP

Copyright © jay blue