もどる

マナトレーディング。

2014.12.15 Mon.


この本が発行されたのは2010年。
だからこれを読んだのはもう4年前、になる。

マナトレーディング㈱は、
美しいファブリックを中心に世界各国からインテリア素材を輸入し、
またオリジナルの商材開発もしている商社でして、
ジェイブルーのお仕事でいえば、
カーテンのご提案、壁紙のご提案などで関わっています。
私の自宅のカーテンも、実はマナトレーディングのものを使っている。

いろんなメーカーや、ブランドや、商社があるけれど、
私は個人的にこのマナトレーディングという会社を非常に好意的に思っていて
それはなぜかというと、ひとえに、この本を読んだからに他なりません。

冒頭文にはこんなことが書かれています。
::::::::::::::::::::::::::::::::::
 自分がどんなレベルの生活を送りたいのかに気づき、それ相応のお金と時間、
そして労力をかけて、自分や家族がくつろげるインテリアを実現させる。
それは人生のクオリティさえも変えてしまうほどの、自分に対する投資なのです。
::::::::::::::::::::::::::::::::::

・・・ってね。
インテリアに対する熱意や、志、体験談、意識改革、道しるべ。
ファブリックやインテリアデザインに対する齋藤社長の思いがこめられていて、
サラっと読みやすい本であるにもかかわらず、
ストンと胸に響くものがあって、私はすっかりマナのファンになったのでした。

それで。

実は先日、マナトレーディングの齋藤社長が、
ジェイブルーの事務所までわざわざ足を運んでくださるという出来事がありました。
「三宅様に会いに来ました」と、神様のような(笑)齋藤社長がおだやかな口調で
そうおっしゃいまして、私はもうほんと、恐縮しまくりMAX。
1945年生まれの齋藤社長からみたら、私なんぞクソガキ以下の何物でもありません。
いろいろ貴重なお話を伺えて、大変たのしい時間でした。

来年に企画している3人のインテリアコーディネーター展のことを話しましたら
「全面的にバックアップをいたしましょう!」ともおっしゃっていただきました。

いつもこのように精力的に飛び回っていろんな方にお会いするんですか?と聞けば
「知り合いのところを訪ねたり、訪ねられたりすることはよくありますが、
こうやって初めての方に会いに出向くのは・・・ここ3年で初めてですよ」と言われまして、わぉ~、です★

そんなわけで、図々しく、著書にサインをしていただいた、っていう(笑)
ミーハーなオチですいません。

さて。どうしてマナトレーディングの社長さんが
わざわざただのフリーランスのインテリアコーディネーターのところに
お見えになったのかといいますと、
TOSOの元取締役だった武藤さんという重鎮のおじさまがいらっしゃいましてね、
その方が私の話をしてくれたらしく齋藤社長が興味をもってくださったという、
そんな流れでございました。

じゃぁその武藤さんと私はどういう関係なのかといいますと、
ジャパンテックスのオフ会つながり、
SNSつながりなのでありました。

いろんな出会いに発展し、本当にありがたいことです。

【オンラインサロン】
三宅利佳オンラインサロン
「フリーランスのインテリアコーディネーター研究室」
詳細とお申込み窓口

 


【Youtube】
チャンネル登録どうぞよろしくお願いします!
・三宅利佳インテリアサロン

 

 

 

jay blueブログ | 2件のコメント
PAGE TOP

Copyright © jay blue