もどる

今年のjapantex

2014.9.1 Mon.

毎年東京ビッグサイトで開催されている見本市の一つ、
「JAPANTEX」が今年も11月に行われます。
その内容が公式発表されました

3日間の期間中、2日目の11/13に、トークショーを行うことになっています。

誰が?

・・・私がです(笑)

記事に私の名前が載っていたので、たぶん、間違いないと思います(笑)
さて、お受けしたのはいいけれど人前で話すなんて出来ないし
いやー、どーしよっかなーと思ってはいるのですが
一緒に登壇するあとのお二人がうまいことやってくれるだろう~、とか
ま、まだ先の話だし~、とか

気楽に考えてます(だめ?だめ?)

去年のJapantexの様子はこちらにアップしてあります。(CROSS POINT)
夜は「オフ会」と言う名の、100人規模の業界関係者の集まりがあります。
私はオフ会の幹事メンバーなのですが、
今年も少しづつ水面下での準備は始まっています。

というわけで。
全然話は変わる。
これは、電車のつり広告で目にしたもの。
京セラの創業者・稲盛和夫の言葉です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

[渦の中心になれ]

自分一人では大した仕事はできません。
上司、部下、同僚等、周囲にいる人たちと協力して進めていくのが仕事です。

ただし、自分から積極的に仕事を求めて、周囲の人たちが自然と協力してくれるような状態にしていかなければなりません。
これが、“渦の中心で仕事をする”ということです。

下手をすると、他の人が渦の中心にいて、自分はそのまわりを回るだけ、つまり協力させられるだけに終わる場合があります。

会社の中には、“鳴門の渦潮”のように、あちらこちらに仕事の渦が巻いています。その周囲に漫然と漂っていると、たちまちに渦に巻き込まれてしまいます。

自分が渦の中心にいて、周囲を巻き込んでいくような仕事の取り組み方をしなければ、仕事の喜びも、醍醐味も知ることはできないでしょう。
自ら渦を巻き起こせるような、主体的で積極的な人材であるかどうか、これによって仕事の成果は言うに及ばず、人生の成果も左右されると私は思います。

(『心を高める、経営を伸ばす』より)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

先日、大阪に出張しておりました。
何度訪れても乗り換え(電車)は迷います(苦笑)
土地勘がないのでどこがなんだかまったくわからなくて
サハラ砂漠に投げ出されたアサガオの種のような気分になります。

現在、大阪のお客様、3案件お話をいただいております。
今年は、岐阜、大阪・・・と続いていますので、もう、この際どんどん・・・
京都・奈良・三重・・・・ご依頼お待ちしております!(笑)

jay blueブログ | 2件のコメント
PAGE TOP

Copyright © jay blue