もどる

撤去&施工

2012.4.3 Tue.

まだお引越し前の新築マンション。
白い扉の収納がリビングについていました。

きれいで、新品、もったいないとは思いますが
これを撤去して、ご主人様の「書斎コーナー」にすることになりました。

ブログランキングの応援クリックをどうぞよろしくおねがいします。
人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
:::::::::::::::::::::::::::::::::

「じゃ、はずしちゃうぜ?!」と早速うちの職人さんたちが作業にとりかかります。

こういうのは解体屋さんにお願いすると実は「すんげ~早い」んだそうです。
バリバリー~っと、一瞬で壊してくれるそうですよ。
でもここは解体するだけでなく、そのあとまたきれいにして使うところなので
大工さんたちに一つずつ丁寧にはずしてもらうのが、一番いい方法。

収納を撤去したらこんな感じでした。
正面の壁にはボードが貼ってありました。
側面はコンクリートむきだしのまま。
床にフローリングは仕上がってなくてベニアの状態。
想定通りです。

こういう工事は撤去してみないと実際どんな状況なのかわかりません。
図面があっても図面通りじゃなかったりもします。
なので、フローリング、壁紙、セッコウボード、コンパネなど
一通りの材料を揃えておいて、対応できるようにしておきます。

ちなみに。
リフォームで壁を撤去してみるといろんなモノが発見されることがよくあります。
戸建よりはマンションに多いかな・・・。
コーラの空き缶、タバコの吸いがら、建築の廃材・・・・
モラルのない職人さんが施工した現場からは、そういう「ゴミ」が壁の中から出てきたりするんですよ!

幸いこのお部屋からはそういう「ゴミ」が出てくることはなかったです♪


職人さんが、壁の下地作りをしているところ~。


収納撤去。
電源の移設増設。
壁の補修。床の補修。
造作家具の施工。
カーテンぶらさげて。
あれやこれや・・・・・で、また人口密度の高い、にぎやかな現場です。


収納をはずしたところはすっかりきれいになって、
特注でつくった吊本棚とデスクが施工されました。

白い吊本棚・・・・取り付け終わったのが16時ごろのこと。
でも、どうしても気になる箇所が・・・・
職人さんの顔色を見ながらちょっと葛藤(笑)
迷いつつも、「もしお客さんの立場だったら・・・」と考えて

「あの~、ごめんなさい、これ、すいません、ほんと、
いったん外して最初からつけなおしでお願いします!
あと5ミリ、ずらしてください!!!」

三宅さん、マジで言ってんの?
もう16時だよ・・・。
痛い言葉が突き刺さりますが・・・・。

でも職人Sさんが言ってくれました。

「いいよ、やろう。
お客さんが・・・っていうか三宅さんがそれで納得するならそのほうがいいね。
ここ5ミリずらしたほうが、そっちの壁の建築納まり、確かによくなるよね。
じゃ、はずしましょう!」

皆さんにほんと、感謝です。


翌日は壁にエコカラット(タイル)の施工。
水平垂直をとりながら黙々と作業。
朝からやってますが、気がつくと夕方(笑)

タイルはベタベタっと貼ればいい・・・・と、言葉で言えば簡単ですが
壁際、梁下・・・半端な寸法の隙間が必ずありまして
その隙間一つ一つにぴったりとはまるよう
タイルを一個一個削っていくという

ピースをつくりながらジグゾーパズルを完成させていくような地道な作業なんです。

適当にやれば適当に早く終わりますが、丁寧にやれば一日がかりです。
職人さんたちも「あ~、発狂しそう(笑)」とかいいながら。

家具の搬入をして、本日はここで終了!
書斎コーナー、出来上がりました。

T様の書斎コーナーは、工期2日間でした。
リフォーム・・・というほどのおおがかりなものではありません。
でも、それぞれの職種の職人さんたちが、それぞれの持ち場の仕事をこなすために
こうしよう、あぁしようと、気を使いながら現場をおさめてくれます。

お部屋の一部分だけ少し改修する、
だけど、住む人にとっては飛躍的に使い勝手がよくなったり
インテリアの満足度もあがる、
そういう工事やコーディネートプラン、皆様もご検討してみてはいかがでしょうか。

こちらのお部屋は後日、残りの納品を終わらせてから
明るい日中に改めて写真を撮らせていただきます。
お引っ越し後の荷物が持ち込まれた「リアルな生活の場」になって
インテリアコーディネートがはじめて完成します。

【オンラインサロン】
三宅利佳オンラインサロン
「フリーランスのインテリアコーディネーター研究室」
詳細とお申込み窓口

 


【Youtube】
チャンネル登録どうぞよろしくお願いします!
・三宅利佳インテリアサロン

 

 

 

jay blueブログ | 6件のコメント
PAGE TOP

Copyright © jay blue