もどる

吉阪隆正展パノラみる/東京都現代美術館

2022.6.14 Tue.

2022年6月19日まで開催中の吉阪隆正展。東京都現代美術館。

私はそれほど建築に詳しいわけでもなんでもないのでこれといって吉阪隆正への思い入れもなく、ただなんとなくフラットに足を運んだ企画展でしたが、見ごたえたっぷりで大満足でした。

もう40年くらい前に亡くなっている建築家ですが、人は消えても建物は世に残っているというのが、建築家の仕事の醍醐味というか面白いところですよね。

吉阪隆正に限らず、隈研吾さんもそうですが、建築家の人たちはしばし自分が設計する建造物を「地球上に大きなごみをせっせと生産している」というような言い方をします。圧倒的なサイズ、堅牢な構造物は、ともすれば自然界に対しての暴力的な行為ではないかと思っている。だからこそ、いかに自然に溶け込ませるかだとか、いかに有機的なフォルムを求めるかとか、どうやったらうまいこと朽ちていけるだろう、みたいなことを模索したくなるんでしょうね。

ある建物を設計した、その作品を見る、というよりは、そこに至るまでのつくりあげていく過程そのものが重要であって、そこで起こるいろいろな行為こそが軸である、と彼が言う通り、この企画展は吉阪隆正の言葉や走り書いたものをたくさん見ることができます。

吉阪隆正はスイスで育ち、戦後はパリでル・コルビュジェのアトリエに弟子入りして設計に携わっています。だから彼の作品の要所要所にはコルビュジェの思想を感じることができます。

 

素敵な言葉があったので置いておきますね。

美しいものを手に入れたとき
ひとびとはこころに誇りを持つ
ひげから国土まで、それを求めたい
-吉阪隆正-1975年

 

ではまた!


一般のお客様向けコーディネート相談

三宅利佳の公式LINE
三宅利佳のインスタグラム
三宅利佳のHP&ブログ(このページです)
三宅利佳のyoutube


IC向けオンラインサロン

三宅利佳オンラインサロンフリーランスのIC研究室
MFIの公式LINE
MFIのインスタグラム
MFIのホームページ

 

工務店様向け業務支援
WEBで完結オンラインコーディネートAttRoom
AttRoomの公式LINE
AttRoomのホームページ

 

jay blueブログ | 
PAGE TOP

Copyright © jay blue