もどる

カーテンの検品!・・・インテリアの現場からは以上です。

2022.5.6 Fri.

こちらは先日納品させていただいたお客様のおうち。
テレビボード兼ワークスペース兼ディスプレイ棚、かわいらしい小紋柄の壁紙でイメージチェンジです。

 

掃き出し窓のところのカーテンを新しく交換させていただくのですが、縫製工場からあがってきたものを吊ってみると、生地にポツンと穴が!

これは珍しいことでもなんでもなくて、たまにあるんですよ。
メーカーから生地の出荷時、縫製工場での加工、何か所かの検品作業を経てお客様のところにカーテンは届くのですが、小さなほころびや穴が見落とされることはあります。海外製品だと検品の基準がゆるかったりもしますしね。

というわけで、お部屋の完成までもう少しだけお待ちいただきます。申し訳ありません!

 

夜は気が付かなくても、昼間太陽の光が差し込むときにチェックすると、こういった穴を見つけやすいです。逆に言うと、インテリアコーディネーターは昼間カーテンを納品するときすっごくどきどきします。

インテリアコーディネーターあるあるでした。

■■MIYAKE RIKA (jayblue) 
一般のお客様
インテリアコーディネート相談はこちらへ
        


■■ONLINESALON 

コーディネーターさん向け
・オンラインサロン 会員数120名
・セミナー講師 50講演以上
        

 

■■ONLINECOORDINATE 
工務店様向け業務支援はこちら
・WEBで完結オンラインコーディネート
  

 

jay blueブログ | 
PAGE TOP

Copyright © jay blue