もどる

置くだけで心躍るクッション!インテリアコーディネートのアクセント

2021.10.25 Mon.

お部屋の印象を変える手軽な方法として
クッションをとりかえるというのがあります。

夏には涼し気なマリンカラー、
春には明るくパステルカラー、
なんていうふうに季節感を演出することができますので、

そう、いま!
まさにちょうどいい「模様替え」のタイミングでもありますぞ♪
秋冬にむけて、インテリアの雰囲気を変えてみましょう!
というわけで今日はクッションの事例をご紹介します。

・・・と、
模様替えをすすめておいて早速あれなんですが、
こちらのお客様は模様替えではなく
「ボロボロになったから新しいのをくれーーー!」っていうね、
物理的に交換が必要、という理由で
ご依頼をくださいました。

(インテリアはそう、消耗品なんですよ・・・)

 

ほら、まぁ、有名な名言があるじゃない?

クッションを変えるのに理由なんかいらないわ
byインテリアコーディネーターrika miyake

(いま思いついたっす、はい)

M様には3つのクッションカバーをご提案させていただきました。
冒頭の画像、もういちどよくみてください。

一番手前の花柄に、みなさん目が行くと思いますが、
一番のおすすめは、あの、一番奥に控え目に写っている
無地の、水色のやつなんですよ。

これがもうね、手触りがぬるんぬるんなの。
触り心地がとぅるんとぅるん
ぬるんぬるんの、とぅるんとぅるん。

しっとりとした触り心地で、とても気持ちがいいファブリック。
無地ではありますが、砂紋のように流線形のテクスチャーが施されていて立体的。
さすがオズボーンリトル!

 

そして2枚目が、たまご色の優しいファブリック。

オーソドックスなクラシック柄ではありますが、
ゆえに、安定のフォーマル感。
この手の模様は、
ネットで画像をみるだけじゃこれっぽっちも素敵具合が伝わりませんが、

実物は、シャリっとした張り感もあって華やかなんですよ。

そして3枚目。
刺繍のすばらしく贅沢なファブリック。

私はショールームでこの生地を見たとき、一目ぼれしました。
胸がドキドキしました♪
なんて素敵!ってね。

布を見て胸がドキドキするなんて頭おかしいと思われるかもしれませんが
素敵なインテリアをみて、わぁ♪♪♪ってテンション爆上がりするのは
決して変態ではありませんよ。
(いや、普通に、変態だろ)

・・・にても、たけーよ・・・とちょっと思いましたが
お客様にご採用いただけてめちゃくちゃうれしい!
それだけの価値があるものです。

さぁ、この3種類のファブリックを使って
クッションにお仕立てさせていただきました。

お客様にお写真をいただいたのでご紹介させていただきます!


お、新しいクッション?どれどれ・・・・


まぁ、わるくにゃいね


カメラ目線

お猫様にもお気に召していただけたようです♪
M様!かわいいお写真のご提供、ありがとうございました♪
クッショカバー、また、ぼろぼろになるまでどうぞご愛用くださいませ。

 

 

【月額会員制/三宅利佳オンラインサロン】
■フリーランスのインテリアコーディネーター研究室
■三宅利佳オンラインサロン会員様限定掲示板

 


【Youtube】
チャンネル登録どうぞよろしくお願いします!
・三宅利佳インテリアサロン

 

 

 

jay blueブログ | 
PAGE TOP

Copyright © jay blue