もどる

断捨離がすすみすぎてとまらない話

2021.3.13 Sat.

洗面所のチューリップがいよいよ開ききって
その花びらがはらりはらりと舞い始めました。

床に落ちた花びらは
猫がおもちゃにします。

終わりかけのチューリップ

春の風

ここのところずっと
スマホで撮るばっかりになっていたので
(現場の写真すらね・・・)
久々に単焦点のレンズを引っ張り出して
一眼レフで撮影ごっこをした。
CANON EOS KISS F
レンズはEF-50mm

カメラは難しいね。

さて。

春は気持ちがあがる季節なので
ただいま絶賛断捨離モードの私です。
クローゼットを見直し
着ない服は容赦なく手放す作業を行っているのだ。

不用品の処分はいまはとても便利なのでいろいろなやり方が出来る。
本当にボロボロなものや下着など人に譲れないようなものはゴミにしてしまうとしても
メルカリといったフリマアプリで売ったり
近所のセカンドストリート(古着屋)に買い取ってもらうこともできる。
(まぁまぁな金額になるので嬉しい)

未使用品や綺麗なものは
物資を受け付けている団体へ支援寄付することもできて
(検索するといろいろホームページが出てくるよ)
家庭の不用品って意外とちゃんとリサイクルの輪にいれることが出来る世の中だ。
(それはそれでちゃんとサステナブルとして成立する)

そんなわけで断捨離。
今回はクローゼット。


(我が家のクローゼット内はすべてマワハンガー(ドイツ製)で統一している)

これまで持っていた服の7割を処分し(!)
残した3割で生活をしてるが
ひとつも不便ではないことに気づく。

デメリットがひとつもない。

いつか着るかもは絶対着ないし
着ないけど思い出という服は
記憶(記録)の中に残しておけばいいし
著しくトレンドからずれているものは(かわいいかもしれないがおしゃれ度はゼロなので)
潔く手放せばいい。

ときめく、ときめかない・・・で判別するという話もきくけれど
もっと簡単に
「この服着てるときに知人にあっても平気かどうか」を考えるといい(笑)
ジャージなんか即破棄できる。

って選別したらあっというまに7割処分なんて簡単である。

・・・ってことを、
自分のクローゼットにとどまらず、家族のクローゼットにも及んでいて
まだまだ止まらない断捨離モード♪

インテリアコディネートを考えるのもいいんだけれど
せっかくなので春休みは子どもの学用品の整理(卒業や進級などでね)なんかもするタイミングだと思うので
整理整頓断捨離片付け、をおすすめするぜい。


作業のあとはクリームで保湿。

向かって左は同業のインテリアコーディネーターさんからプレゼントしていただいたハンドクリーム。
めちゃくちゃブドウの香りがするイタリア製の素敵なクリーム♪
女子力あがる!

向かって右は、顔にも使えるボディークリーム。
柑橘系のさわやかで控えめな香りで気に入っているものです。
シアバター入りのオーガニックなやつですが、べたつかないのでマル。

ちなみに背後に写っている布は、刺繍リネンの生地サンプル。
カーテンにするとめちゃくちゃ素敵なやつです。

ではまた!

 

 

【オンラインサロン】
三宅利佳オンラインサロン
「フリーランスのインテリアコーディネーター研究室」
詳細とお申込み窓口

 


【Youtube】
チャンネル登録どうぞよろしくお願いします!
・三宅利佳インテリアサロン

 

 

 

jay blueブログ | 
PAGE TOP

Copyright © jay blue