BLOG

子ども部屋のコーディネートは、カーテンとベッドまわりがポイント♪

2021.03.04

子ども部屋。
小さいうちはまだそのお部屋を使うことはないかもしれません。
夜は親と一緒に寝るし、日中はリビングで過ごすし。
ですがいずれ「個室が欲しい」時期がきます。

一人で寝るため。
洋服や学校の道具をしまうため。

子ども部屋を整える時はたいていまだ小さかったりするので
「親の趣味」で揃えられますが、
ある程度大きくなってくると子どもたち自身の趣味嗜好が出てきて
自分でいじり始めたりもするでしょう。

どうせすぐ大きくなっちゃうからねー、と親は言いますけれど、
子どもにしてみたらその1年、その5年は、とても大切な時間です。
「とりあえずのインテリア」のままでいいんですか?って話です。

ベッド周りやカーテンをきちんとそろえるだけでも
すっごくインテリアは気持ちよくなります。

 

女の子、男の子・・・なんていういい方は
もしかしたら今どきはセンシティブな表現になっちゃうのかもしれないけど
とはいえ、ガーリーな雰囲気はやっぱりかわいいし、
ブルーの部屋はさわやかだし、
個性を育むのにもインテリアはちょっとした影響があるんだと思います。

AFTER

気球柄のカーテンと、お人形さんたち。
楽しそう。

 

こちらはピンクの子ども部屋。

子ども部屋は、窓回りとベッドまわりを手抜きしなければ
きちんとしたインテリアが作れます。
窓回りとベッドまわりが超大事です。

ではまたね!

 

 

 

 

information1 九州でパネルディスカッションに参加、登壇

10/19(水)大分県のインテリアコーディネーター協会様35周年記念イベントにお呼ばれしています。インテリアコーディネーターさんむけのトークイベントです。リアルとオンライン、双方でアクセスできるそうですのでどうぞご参加くださいませ。
詳細はこちら。

 

 

colorを入力してください。#ffffff

background-colorを入力してください。#5297ab

インテリアコーディネーター
三宅利佳

 


copyright©miyakerika