BLOG

表参道 HAY&CIBONE [DESIGNART TOKYO 2020]

2020.11.05

これは何かといいますとパンの形をした照明器具です。
かわいいんですよ。

 

本物みたーーい!って思うでしょう?
実際、本物のパンからできているんですよ。
えええええ!って思うでしょう?

 

で。
これは何かというと、
アルミの板にミニカーのせて
ぺしゃ!ってプレスしたものを


アート、と言い張っているものです。
(言い張ったっていい)

かわいくないですか?
かわいいんですよ。
全部ぺっちゃんこなんですよ。

パンの照明は、
パンみたいに作ったんじゃなくて
パンそのものを使っているし、

ミニカーのアートは
ミニカーみたいなものを使ったんじゃなくて
本当のミニカーをつぶしたわけで。

そーゆーのが良い感じ。

こちらは表参道のHAY&CIBONE のお店を見て回った際の画像でした。

HAYもCIBONEも私の好きなテイストのインテリアショップ。
内装は無骨で。

建築材で作ったような家具、FRAGILEのテープ。

かと思えば、こんな儚げなガラスのコートフック。

ピートヘインイークの、安定の、スクラップド感。

地下空間に広がっているインテリアショップです。

あれー、ハートの形をしたコンクリートの置物、
これは昔みたことあるぞ。

ここで見たよね。
以来、すっかり市場に出回ったらしい。

インテリアライフスタイルTOKYO 2019(東京ビッグサイト)

 

HAY&CIBONEは、入り口の赤い階段が目印だよ。

というわけで、シンプルにインテリアの話題にしてみました。
ではまた!

 

 

 

 

 

information1 九州でパネルディスカッションに参加、登壇

10/19(水)大分県のインテリアコーディネーター協会様35周年記念イベントにお呼ばれしています。インテリアコーディネーターさんむけのトークイベントです。リアルとオンライン、双方でアクセスできるそうですのでどうぞご参加くださいませ。
詳細はこちら。

 

 

colorを入力してください。#ffffff

background-colorを入力してください。#5297ab

インテリアコーディネーター
三宅利佳

 


copyright©miyakerika