もどる

ショケイヒ。

2011.10.24 Mon.

新しく、プランニングをはじめるとき。
街をぶらぶらしたり、カタログや雑誌をかたっぱしから眺めて
具体的なイメージにつながるコーディネートとしての「ヒント」や「キーワード」を探します。

こういうときにパラパラ~っとカタログをめくるのは
商品そのもの・・・よりも、そのまわりに写り込む風景や
写真の撮り方など「ニュアンス」を模索して見ているほうが多いかもしれません。

まずはブログランキングの応援クリックをどうぞよろしく。
人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪

:::::::::::::::::::::::::::::::::

さて、本日の画像は、イタリアの高級家具、チェコッティ・コレツィオーニのカタログ。

あらためてプライスリストを見てみると
例えば、ダイニングテーブルの919,800円や、
例えば、ソファの2,089,500円に、

航空便追加料金として、40万だったり50万だったり・・・の表記。
わぉ、そりゃ、配送料かかるよね~と、正直な感想。

普段、コーディネートのお仕事をしていて
必ずお客様に最初にお聞きしていることのひとつに「ご予算」というのがあります。

ところで例えばですが
ここにご予算が50万あるからといって50万円のソファをご提案出来るかと言うと
実はそうではありません。

モノを買えば「配送料」がかかります。
時々みかける送料無料という文字は、見掛け上得した気分になりますが
企業としては必ずとこかで採算がとれている仕組みになっているものです。
通常の家具の配送ですと数千円から数万円がかかります。
玄関先にポンと置いてもらうだけで大丈夫な内容の時は数千円ですが
お客様専用にトラックの手配がかけられて、専用に配送スタッフが2人ぐらい来てくれて
設置した家具をちゃんと磨いて、梱包材もきれいに引き上げて、
しかも指定した時間ぴったりにきてくれる、となると
配送する内容によっては2万、3万、5万とかかってきます。

商品そのもののほかに必要な部分を諸経費と呼びますが、
そういういろんな諸経費はどうしても必要になってしまいます。

ご予算を考えるときには、それらの諸経費も考慮して配分をしなくてはいけません。

ちなみに工事の際に「残材処分費」などがかかるのも同じことです。

「諸経費」と聞くと一般のお客様は

ん???なに、諸経費って?
ん?ここが君たちの利益ってことなのかね。

・・・と思われる方もあると思いますが
意外と(?)諸経費というのは、本当にそれだけいろいろかかってしまう実費みたいなものです。
本当に、これだけかかるんです。かかるものはかかるのです。
もう、どうしようもないのです、許してください(笑)

というわけで。

消費税も、毎度必ず計上させていただく諸経費の一つ。
おまけしてよと言われても、私の力では「値切ることのできない」費用です。

消費税5%の今と、いずれやってくる(?!)消費税が10%の時代とでは
同じご予算ならご提案の内容に差が出てきます~。
より良い内容のご提案をお求めの方、
消費税5%のいまのうちに、どうぞコーディネートのご依頼をくださいませ♪

::::::::::::::::::::::::::::::::::::
オンラインサロン
::::::::::::::::::::::::::::::::::::

三宅利佳オンラインサロン
「フリーランスのインテリアコーディネーター研究室」
月額1,500円の会員制サロンです。
どなた様でもwelcomeです。
詳細とお申込み窓口

 

 

 

::::::::::::::::::::::::
You Tube動画
チャンネル登録
::::::::::::::::::::::::

 



 

 

 

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::
明日もまた
遊びに来てくださいね!
皆さま、良い一日を!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 
jay blueブログ | コメントをどうぞ

この記事のトラックバックURL https://jay-blue.com/blog/2952/trackback

PAGE TOP

Copyright © jay blue