もどる

カレーなる本棚

2019.12.3 Tue.

上野の『丸井』に寄り道しましたら
地下の食料品店にこんなコーナーがありましてね。

ん?本屋?

と、一瞬迷ってしまったのですが
よく見るとカレーでした。

 

カレーなる本棚、なんていっちゃって
ここで写真撮ってインスタにバンバンあげてください!
なんて看板が出ていたんですよ。

ダジャレかよと思いつつ。
インスタを見てみると、けっこう皆さんあげてるあげてる。

 

へぇとか思いながら眺めていると
どうやら上野の丸井だけでやってるのではなくて
大阪だの、池袋だのと各地に
カレーなる本棚は存在しているのだ。

 

みんなうまいこと写真撮ってる。
この写真なんか、ほんとうに本屋にしか見えない。
本屋だろ、もう。

でも全部カレー。

 

よくよく調べてみると
「北野エース」という食品セレクトショップがこれをやっていましてね
2012年に「カレーなる本棚®」を商標登録しし、
翌2013年には食品の「ブック陳列」を商標登録したんだそうです。

・・・って、えっ、そんなに前からあったんですね。
というかどうやら10年前からあったようです。
2019年も終わろうとしているいまごろに気が付いて
いまさらすぎてごめんなさい。
(おせー)

というか「ブック陳列」
陳列方法を商標登録するなんてことができるんですね。
(知らないことだらけだなぁ)

株式会社エース公式サイト

 

で。

このブック陳列で思い出したのは
新宿の伊勢丹、インテリア売り場のクッションコーナーです。

写真がないので絵で説明しますが

一般的な、インテリアショップでのクッションって
こんな感じに陳列されて売ってたりしますが

新宿伊勢丹のインテリア売り場では、
レコードのようにクッションが売られています。

いままでに見たことがない陳列方法だなぁと思って
珍しがっていたのですが、
あれは結局話題になったんでしたっけ、なっていないんでしたっけ。
よくわかりません・・・。

レコードのようにクッションを売る。
探す楽しみはあるのです。
掘り出しものを見つける感覚。
でも、1枚1枚引っ張り出さないと柄がわからないので
ざっと見渡して手っ取り早く最初に
ここに探しているものがあるのかないのかを判断するには難しい。

私は結構好きなんだけどな、あの陳列。
みなさんの評判はどうなんでしょうか。


【オンラインサロン】
三宅利佳オンラインサロン
「フリーランスのインテリアコーディネーター研究室」

月額1,500円の会員制サロンです。
詳細とお申込み窓口

 


【Youtube】
インテリア研究番組にんげんはうす


視聴回数まもなく1000突破の動画はこちら!
見てない人は要チェック!



jay blueブログ | 
PAGE TOP

Copyright © jay blue