もどる

オンラインサロン100名突破!ありがとうございます。そしてオフ会。

2019.9.17 Tue.

オンラインサロン会員様100名突破しました!
ありがとうございます。

先日、第3回目のオフ会を開催しました。

Youtube登録3000人記念にとオフ会を企画したら
当日だーれもこなくて「参加者0人」という衝撃的な様子を
ブログで書いている人がいて
本当にヒリヒリするような誰かの記事を読んだことがありますが

それに比べれば
会員100名で、オフ会参加者が20人弱というのは
(しかも全国に散らばっているのでわざわざ「東京」に集合してくれる)
なかなかの高割合なんじゃないかと思っております。

いつもソムリエさんにワインをセレクトして用意してもらい、
会場に来てもらっちゃいます。

そして食べ物は「ポットラック方式」で
参加者の方々に一人一品持ち寄ってもらうんです。
(主催者がラクしている、ともいう)

自己紹介のときに、
持ち寄ったおみやげはどれかという説明をしてもらうのですが
ご当地のおいしいものだったり、
手作りのおかずだったり、
評判のお菓子だったり、
すぐそこの駅のところで買ってみましただったり
いろいろあって面白くて

しかも、なにか指示をだしたわけでもないのに
だいたい、おかず的なものからデザート的なものまで
まんべんまく、しょっぱいとか甘いとかがうまいこと集まるのです♪
みんな優秀!!(笑)

オフ会の会場にさせていただいたのは
インテリアのショールーム。
TECIDO」さんを貸し切りました。
そんな贅沢ってあるかしら!っていうね。

目ん玉飛び出るような高級な商材も展示されています。
おまいらここでワインこぼしたら死刑だかんな、っていうね。
素敵なショールームないでどんちゃん騒ぎをさせてくださった
TECIDO様には大感謝です。


(最後の最後で記念写真にしてしまったので、先に帰られた方々、写ってなくてごめんなさい)
(ちゃっかり、三協立山さんとのコラボカタログ(水玉)も宣伝!)

さて。
そんなこんなのオンラインサロンですが
日々何をやってんのか中身が見えないと不安だと思いますし
入ろうかなどうしようかなと検討している方のためにも
時々サロン内の投稿記事をおみせしようかなと思っています。

ジャンルはいろいろで、とくに「このテーマ」と絞っておらず雑記の寄せ集めなんですが
先月の投稿から1つだけお見せします、どうぞ。

2019.8.20
「ニーズをさぐれ、の話」

————–
りんごジュースか
オレンジジュースかと聞かれたら
圧倒的にりんごジュースを選びます。

だからなに。

どうも、三宅です!
————–

2002年からホームページを作っていて
ずーーっとブログを書いてます。

誰しもブログの書き始めは読者もいないし
アクセスもないしで
孤独な世界だと思いますが
徐々にフォロワーが増えて
みんなに読んでもらえるようになります。
腐る程に存在するインターネットの中で
どうやって自分のブログにたどり着いてもらえるか、の1つの答えとして「検索」があるので、
「SEO対策」が重要だーなんて話は
よく聞きますよね。

※SEO→”Search Engine Optimization” の略で検索エンジン最適化のこと。

いまどきは、Googleなどの検索エンジンを経由しないダイレクトなアクセス(例えばインスタやフェイスブック、
ツイッターのようなSNSや、YouTubeなど動画系からの流入)の時代だから、
ネット集客を考えるならブログなんてもう時代遅れだよとか
SEO 対策とか無意味だよなんていう意見もあるようだけれど、
とはいえとはいえ、
まだまだみんなはGoogleの検索を使いまくっているので、
検索に引っかかりやすくするためにどうしたらいいかを考えるのは、
令和時代であろうとも有効だと三宅は思っています。

でね。

検索キーワードを調べる方法って
これまでは有料の『キーワードプランナー』ぐらいしかないとずーっと思っていたのですが、
2017年に実は無料の
『uber suggest』なるものが登場していたことを知り、
わー、もっと早く気づいていればよかったなぁと、
そんな話を今日は投稿してみようと思います。

知っている人には既出の話になるのでごめんちゃい。

————–
uber suggest
————–

https://neilpatel.com/jp/ubersuggest/

『uber suggest』は、
誰も検索しない事を
いくら一生懸命に書いても誰も検索してくれないし
見つけてもらえないので、
みんなが検索してる言葉、みんなが興味ある言葉は何かなー?って調べるためのツールです。

このツールを使うと
特定の単語がどれくらいの検索ボリュームがあるかということや
どんな組み合わせのキーワードが検索上位か、なんてことがわかります
それが、無料で♪

例えば。
Google検索で
『リフォーム』という言葉が使われるボリュームは74,000
それに対して
『リノベーション』は49,500

という事がわかります。
私がブログで施工事例をご紹介するときに「リノベーションのお客様が」と書くよりも「リフォームのお客様」と書いた方が間違いなく検索に引っかかりやすいよね、というわけです。

それから、
リフォームで検索する人はデザインだとかなんだとかではなく
リフォームローン、費用について知りたがってる、なんてことがわかります。
リフォームの記事を書くときはお金の話を絡めるとアクセスが増えるよね、という戦略が成り立つわけです。
それから、例えば。
『イケア』の検索ボリュームは823,000です。
『ニトリ』はぶっちぎりの、2,000,000です!
それに比べて
『オーダー家具』は3,600です。
ほとんど検索されない。

とかとかとかね。
こういうのを見ながらあれやこれやと分析するのは面白いと思います。

インテリアコーディネート、よりも
インテリアコーディネーター、のほうが検索ボリュームは大きいし、
そんなこんなを考えながら記事を書くのは
決してムダではなくて、コツコツと積み重なっていくはずです。
これはなにも
ブログなんて書いてないから関係ないや、ではなくて、
チラシ作る時とか、キャッチコピーを考えるときとか、キャンペーンやる時とか
人々が求めてるのはなにかなー
何に興味あるのかなーって
いろんな場面に応用できると思います。
…と、uber suggest
を知ってついウキウキしながら投稿しましたが
そんなんとっくに知ってるし!
だったらごめんちゃい。
ちなみに『三宅利佳』の
検索ボリュームは140でした。
(出てきただけで感動!)
『菅田将暉』の550,000には及びません(笑
検索しすぎやろ!!っつー、
キャプチャ画面貼り逃げして
本日は以上でーす。

 

 

※菅田将暉とタピオカは同じくらいの検索ボリュームがある(笑)
広告の価値(収入につながる)CPCもだいたい同じくらい。
※CPC(Cost Per Click)とはクリック課金型広告の効果をはかる評価指標でクリック1回あたりの料金のこと。
「クリック単価」とも呼ばれます。

 

※米津玄師で検索するボリュームはめちゃめちゃ多い(みんなが検索している)のだけれど
CPCをみると低いみたいです。

※jayblueのサイトには広告を貼っていないので、CPCは関係ないのですが。

 

 

※部屋の模様替え、みたいなブログを書いてもほとんと検索されないという現実。
けど、アプリ(の広告的価値)は強い(笑)

 

 

※IKEAやニトリ、って書いておきゃぁ検索されるという結論。たぶんw

 

 

 


サロン内の投稿は以上でした。
こんな感じで、月に15記事ほどあーだこーだと投稿しています。
ご興味ありましたらオンラインサロン詳細ページどうぞ。

 

----------------------
jayblueは 以下のような活動もやっています。
どうぞよろしくおねがいいたします。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::
オンラインサロンのお知らせ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::

三宅利佳オンラインサロン
「フリーランスのインテリアコーディネーター研究室」を開設しました。
月額1,500円の会員制サロンです。
どなた様でもwelcomeです。
詳細とお申込み窓口

 

 

::::::::::::::::::::::::::::
出版本のお知らせ
::::::::::::::::::::::::::::

▮新感覚のカーテンデザイン本
2018.12出版
三宅利佳/吉川信也共著
Windows storyインテリアコーディネーターがつくる72のカーテン


▮読むリノベーションの本

2016.11出版
三宅利佳著
「REAL-LIFE RENOVATION インテリアコーディネーターとつくる世界にひとつのリア住空間」

 

::::::::::::::::::::::::
You Tube動画
チャンネル登録
::::::::::::::::::::::::

 



最新youtube動画はこちら。
新しく始めた5分間のインテリア研究番組
『にんげんはうす』第1話です。

 

『にんげんはうす』第2話です。

 

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::
明日もまた
遊びに来てくださいね!
皆さま、良い一日を!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 
jay blueブログ | 
PAGE TOP

Copyright © jay blue