もどる

事例更新しました。そして、オンラインサロンの中身、特別に1つ公開。

2019.7.25 Thu.

 

コーディネート事例を更新しました。
マンションを利用した整体院様の空間です。

「しっとり落ち着つける癒しのリラックス空間」埼玉県TAKE整体院様

どうぞご覧くださいませ!

さて。
オンラインサロンのメンバーさんが
もうちょいで100名様を突破します!

メンバーさんがなんと
オリジナルのTシャツをデザインしてくださいましたので
早速着用してみました♪

まぁ改めて言うまでもないですが
自分の後ろ姿というのは
ちょっとした「ショック」ですよね(笑)

普段、みることがないけれど
いざみてしまうと

こんなに肉がついてんのか!

っていうね。

まぁそんなことはどうでもいいとして。

オンラインサロンではどんなことが書かれているの?と気になるあなたへ、
今日は特別に、1つ記事をそのままお見せしてみようと思います。
某日はこんなことをつぶやいています。

———————-

三宅利佳オンラインサロン
「フリーランスのインテリアコーディネーター研究室」

2019.7.3
「ライフスタイルごと提案、の話」

————–
【馬鹿げていないアイデアには見込みがない。】
…と、
アインシュタインさんの名言にあったので
なんだか勇気が湧いた、三宅です。
こんばんは、こんばんは、イェーイ。
————–

さて。

これまでにいろんな人が何度となく
まとめてきている話で恐縮ですが、
ライフスタイルショップという概念が出てきたのは80年代で、
それは
「アフターヌーンティー」と「無印良品」という2つのお店が引き金になっていて、
さらにいうと「フォブコープ」や「キャトルセゾントキオ」「IDEE」「コンランショップ」なんかが
エポックメイキングな存在になっていったわけです。

————–
ライフスタイルを提案する
————–

それまでの常識って
家具は家具屋さん、
お皿は食器屋さん、
シャツは服屋さん、
…で売ってるのが当たり前だったんだけど
「ライフスタイル」というキーワードで
それらをひっくるめちゃって、
どう、私の生活イケてるでしょ!ていう
『おはようからおやすみまで暮らしを彩るライオン』みたいなノリで
(いや全然ちがーう)
生活をトータルで演出しちゃう提案型のショップが出てきたのでした。

 

※ちなみに、おはようからおやすみまで…のライオン株式会社のコーポレートスローガンは、
いつの間にか今日を愛するに変わっていたぞな!

80年代というと、
もはや40年も前の話なんだけれど
それはACTUSや、クラスカや、シボネや、ロンハーマンや、蔦屋書店へ…いまでも脈々と受け継がれていて、
「ライフスタイルショップ」
という言葉自体は
そんなわけですでにお腹いっぱいで、
乱用され聞き飽きて陳腐化しつつあるくらいには
当たり前になっています。

————–

オーガニック素材の
草木染めの靴下の横に
無農薬米が売られていたりしても
私たちは特別もう驚かなくなりましたし

横浜や新宿にあるホテル ザ ノットや
https://hotel-the-knot.jp

銀座のMUJIホテルのように
https://hotel.muji.com/ja/

家具屋さんがホテルをやってもおかしくないし、
ジーパンを探しに入ったお店に
アーティストの作品を展示したギャラリーがあり、その横に自転車が売られていて
なおかつ珈琲まで飲めたとしても
私たちは
おいおいここはいったい何屋だよ!
などというヤボなツッコミをする事もなく
当たり前のように
ショッピングを楽しめています。

いまどきの私たちは
単に商品が欲しいのではなく、
商品にまつわる物語や生活提案を求めています。

————–

で。

今日は何が言いたいかというと、
単一の業種じゃなく
服も食品も音楽も植物も本もカフェも…って
ライフスタイルと称して
トータルで提案するのが
もはや普通というか
これだけ日常的になっているのに
暮らしを彩るはずのインテリアコーディネーターが
いつまで

「インテリアだけ」提案しとんねん!

という話です。

インテリアコーディネーターが
本を提案してもいいじゃん。

インテリアコーディネーターが
化粧品を提案してもいいじゃん。

インテリアコーディネーターが
ベジタブルライフを提案してもいいじゃん。

インテリアコーディネーターが
ヨガを提案してもいいじゃん。

インテリアコーディネーターが
デジタル機器を提案してもいいじゃん。

インテリアコーディネーターが
旅を案内してもいいじゃん。

ってそんなふうに考えてるのですけれど、
だから
フリーランスのインテリアコーディネーターは
自分が持っている世界観や哲学を整理して
わかりやすく可視化していかないと
もうダメなんじゃないかなぁと
思っているのです。

いや、ダメってことはないけどね、
そっちに行くのが自然なんじゃないかなぁ
てことです。

例えばちょっと昔の感じだと
あなたは何が得意ですか?に対しては
わたしはカーテンが得意です。
わたしはキッチンのプランが得意です。
というような答え方で
「インテリアコーディネーターの私」を
差別化してたような気がするんだけど
もうそっちじゃなくてね
「リサイクルなど環境に配慮した生活をプロデュースするのが得意です」だったり
「北欧の暮らしを取り入れた提案が得意です」だったり
「メイドインジャパンにこだわって生活をコーディネートします」だったり
「コーディネートの売上の一部を必ず森林を守る活動へ寄付しています」だったり。

単一のアイテムを売るんじゃなくて
ライフスタイルが提案できる(思想が提案できる?)インテリアコーディネーターが
世の中的にはいい感じになるはずだよなぁと
ぼんやりと思っちょります。
あ、
ぼんやり思ってるは嘘です。
嘘つきました。
正確に言うならば

————–
そんな危機感を三宅は持っています
————–

てことでした。

自分の場合はどうだろう…
提案にどんなライフスタイルの
メッセージが込められるだろうか?
自問自答してみようと思ってます。

今日は以上です。

—————–

 

と、まぁこんな感じで
日々サロンの中では私が記事を投稿しています。
話題は超ランダムです。
●●について語る、というテーマのしばりがありませんので

こんな記事のように「ざっくりこんなかんじ~」みたいな内容もあれば
「業務で使う指示書の書き方」や図面などをそのままお見せしたりすることもあるしで、
いろいろです。
時々オフ会もやってます♪

 

----------------------
jayblueは 以下のような活動もやっています。
どうぞよろしくおねがいいたします。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::
オンラインサロンのお知らせ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::

三宅利佳オンラインサロン
「フリーランスのインテリアコーディネーター研究室」を開設しました。
月額1,500円の会員制サロンです。
どなた様でもwelcomeです。
詳細とお申込み窓口

 

 

::::::::::::::::::::::::::::
出版本のお知らせ
::::::::::::::::::::::::::::

▮新感覚のカーテンデザイン本
2018.12出版
三宅利佳/吉川信也共著
Windows storyインテリアコーディネーターがつくる72のカーテン


▮読むリノベーションの本

2016.11出版
三宅利佳著
「REAL-LIFE RENOVATION インテリアコーディネーターとつくる世界にひとつのリア住空間」

 

::::::::::::::::::::::::
You Tube動画
チャンネル登録
::::::::::::::::::::::::

 



最新youtube動画はこちら。
新しく始めた5分間のインテリア研究番組
『にんげんはうす』第1話です。

 

『にんげんはうす』第2話です。

 

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::
明日もまた
遊びに来てくださいね!
皆さま、良い一日を!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 
jay blueブログ | 
PAGE TOP

Copyright © jay blue