もどる

役割分担。

2018.12.14 Fri.

東京ミッドタウン日比谷にある、ビルボードカフェ
おいしいよ!

いま行くと店内にはQUEENがガンガン流れていまして、
「ボヘミアンラプソディー」を観ろとばかりに。

皆さん、ご覧になりましたか?
カメラを止めるな!もめちゃめちゃ面白かったと思いますが
(私は、ラストでウルっとしてしまいました)

洋楽を聞いてこなかった類の人なので
QUEENを知らないのですが
(よく物まねされている、胸毛の生えたおじさん、ぐらいの認識)
そんな私でさえも
ボヘミアンラプソディーはとてもいい映画でした!
冒頭から心が震えてしょうがなかったです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

映画を作るってすごいですよね。
自分で映画を作りたいと思ったことは一度もないのですが
映画は素晴らしいなぁって思います。
なんていうか
壮大。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

企画製作、監督、原作者、脚本、演者、メイクや衣装、舞台や道具、
編集、CG技術、音楽担当、照明や音声、宣伝広告・・・・
山のようなスタッフの分業で
ひとつの作品が作られていくわけですが

皆さんが映画を作るとしたら
どの分野で参加したいと思いますか?

私だったら・・・・と考えてみたのですが

・・・・すっごい迷う(笑)

こういう映画をつくりたい!
資金を調達しよう!
っていう、そもそもの企画を考えるという段階が
私はもしかしたら一番わくわくするかもしれないなぁとか。

脚本もめちゃめちゃ惹かれるなぁとか。

逆に、演者はないなぁとか。
技術スタッフもないなぁとか。

て考えていたらね、

私は先頭にいるプレイヤー側ではなくて
実際に現場を作るスタッフ側でもなくて
シナリオを描くというような「道筋をつけていく」作業が好きなのかもしれないなと
そんなふうに自己分析をしてみました。

みなさんはいかがですか。

 

さて。
本が残りわずかとなりました。
皆様ありがとうございます。

来週にはお手元にお届けできそうです!
読んでくださったかたはぜひ感想やレビューをお寄せください。
あるいはツイッターなどでシェアしていただけると
すっごくうれしいです!

Windows story インテリアコーディネーターがつくる72のカーテン

 

 

 

 


【オンラインサロン】

三宅利佳オンラインサロン
「フリーランスのインテリアコーディネーター研究室」
詳細とお申込み窓口

 


【Youtube】
チャンネル登録どうぞよろしくお願いします!
・三宅利佳インテリアサロン


 

 

 

jay blueブログ | 
PAGE TOP

Copyright © jay blue