もどる

「モリスとミュシャの邂逅」ブースの出来るまでーSTORY1 すばらしい印刷技術ー

2018.11.6 Tue.

わたしの手相を占ってください。

じゃなくて。

東京ビッグサイトで開催される「JAPANTEX2018」
そこで、「モリスとミュシャの邂逅」
というブースデザインを任されています。

巾9m×奥行3mの展示スペースに
ウィリアムモリスのデザインと
アルフォンス・ミュシャのデザインを
インテリアコーディネーターの私がどうコーディネートするのか。

これは、ぜひ、足をお運びいただき、実際にみてもらえると嬉しいなーと思います。

moooi(モーイ)が、ド肝を抜くようなラグを発表したことがありましたね。
去年でしたっけ、おととしでしたっけ、いつでしたっけ(うろ覚えかーい)
マルセルワンダースがデザインしたお花たちが散らばめられた
円形のラグマット。

本当にこれラグ?って疑っちゃうくらい精巧で色鮮やかで
わたし、これ、フラっと通りがかりで入ったmoooiのショップで見つけたときは
本当にビックリしました。釘付けになりました。
すばらしい!・・・と。

ただですね、
なかなかいいお値段がしますので、
ご提案はしづらいのですがというか
いまだに一度もご提案に取り入れたことはないのですが

moooi(モーイ)
公式サイト

https://moooi.co.jp/item/20198.html

このラグマットは、本当に素晴らしいものです。
デザインもキャッチーで
発表された当時は大変話題になりました。

もちろんデザイナーのマルセルワンダースが素晴らしいというのが基本にありますが、
カーペットの印刷技術というのを抜きには語れません。

さぁ、ここから今日のブログの本題です。

CJ800っていうね、
デジタルプリントの印刷機があるんですが、
世界にまだ数台しかないの。
なんでかっていうと、ゆうに億を超える値段がするんですの、その印刷機。

だからこの印刷機を持てるのは限られた企業さんです。
国内でCJ800を持っているのは、山本産業株式会社さん。
公式サイトはこちら

https://yamasanworld.com/index.html

 

「モリスとミュシャの邂逅」のブース内で
ミュシャのデザインのラグマットを製作して展示に使います。
山本産業株式会社さんが作ってくれます。

実はそう、moooiのあのラグを印刷したのと同じ印刷機
なおかつ基材(カーペットそのもの)もmoooiとまったく同じ材料を使います!
ミュシャの版権は、リンテックサインシステム株式会社さんが持っています。

公式サイトはこちら

http://www.sign-japan.com/

今回の展示にあたり、
三宅さんの好きなようにミュシャのデザインつかっていいよと、正式にお許しをいただきました。

 

 

 

もうっなんて贅沢なーーーーーー!

 

 

というわけで
いろいろな企業さんのご協賛の元に、展示ブースは出来上がっていくのですが
冒頭の画像は、先日あがってきたラグのサンプルです。
世界最高基準のカーペットの印刷技術、
ミュシャの柔らかで美しいグラデーションの感じがちゃんと表現されていました。

楽しみだなぁ。

11/20~11/22までの3日間、
東京ビッグサイトで展示しています。
どうぞお楽しみに!
JAPANTEX2018
公式サイト

http://japantex.jp/

 

 

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今日もお読みいただきありがとうございます!

You Tube動画もあります。
チャンネル登録よろしくお願いします。

では、明日もまた
ブログを読みに遊びに来てくださいね!
皆さま、良い一日を!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 

 

 

jay blueブログ | 
PAGE TOP

Copyright © jay blue