BLOG

床材のトップメーカー、東リ㈱の新作展示会の様子

2018.10.12

打合せの帰り道に、東リの展示会にふらりと立ち寄ってきました。

東リ㈱ 
公式サイトhttps://www.toli.co.jp/

 

東リの商品は、わたしが普段のご提案にいれるのは
トイレや洗面室の床に使うクッションフロア
カーペットもしくはラグといった床材、
そしてそれらに連動したソフト巾木
カーテンや壁紙は本当に時々しかご提案にいれていません。
総合的に建材をあつかっているとはいえ、東リといえばやはり床材というイメージが強いのです。

東リの床材は
耐摩耗性、音響の特性や、衝撃吸収性、そして歩行感(下肢疲労軽減性)など
非常に優れた技術のものが多く揃っているので
やはり商業施設、ホテル、病院・施設向け、で展開されることが多いと思います。
あるいは自動車のマットとかそういうね。

わたしのような、個人邸メインのコーディネーターからすると
商品は知っていても提案に取り入れる機会は少なくて、
ちょっとだけ馴染みが薄いメーカーさんなのでした。

で。

こちらのカーペット、ガーデンをイメージしたもの。
なんかちょっと2次元的ゲーム画面みたいだよね。
マイクラ(マインクラフト)とか農園系の。

 

似てない?www

木とか草とか水面とか、砂紋とか・・そういうナチュラルな柄が
床のカーペットに採用されているのが
今風なんだそうです。

コケとかね。

幾何学模様、が相変わらずインテリアではブームと思いますが
そろそろ幾何じゃなくて有機的なものもいいんじゃない?
そっちにいかない?・・・っていう感じでしょうか。

これは、熱で圧着して柄を抜いた技法のカーペット。

凹んでいるところは、ゴムが溶けて固まったみたいにカチカチになっているんだけど
指で触ってみるとガリっと端がトゲのようにひっかかる。
(なんでも触るコーディネーターw)

素足で過ごす住宅には向かないものなんだけれども
やはりコントラクトの空間を扱うデザイナーさんだったら
こういうの、かっこいいなぁ、って使いたくなると思う! 

 

こちらは、半年ぐらい前から
東リがビジネスパートナーとして日本総代理店契約を結んでいるロイヤルタイ。

ロイヤルタイ社は、香港を拠点に世界的な販売網を有するカーペットメーカーでして、
大阪のザ・リッツカールトンなんかもそうだけど
世界の名だたる高級ホテルで採用されまくりの。

 

<余談>
ザ・リッツカールトン大阪のホテル宿泊インテリアチェック話は
こちらです。
https://jay-blue.com/cross-hotel/8795

ザ・リッツカールトン大阪

<はい、余談終了>

みてこの。
グラデーションブルーのカーペット。
(デザイナーはザハだって!)
これ、微妙に違う57色が使用されているんだそうで
カービングの美しさ
カットの美しさ
緻密さ、

20万円/㎡

てな価格帯も納得です。

ホテルのロビーなんかにね
バーン!とこういうカーペットが敷きつめられていたら
めちゃめちゃかっこいいじゃないですか。

仮に500㎡の空間だとしたら
カーペット代だけで1億ですよ。
商業デザイナーさんたちはそういうところで仕事をしている。

ちなみに、住宅リビング12畳にこのあたりのカーペットを敷き詰めたら
・・420万ぐらいですね。
(2×3mのラグマットだったら、120万です)

 

大丈夫、あなたなら買える!
コーディネートのご依頼をお待ちしています!

 

 

 

お問合せはこちら

 

 

東リ(株)の永嶋元博社長とパチリ。
ペイズリー柄のネクタイと
ロイヤルタイのカーペットのウネウネがシンクロ。

 

なんか疲れた顔してんなぁ私。
(病み上がり感が半端ない)

 

私の仕事でリアルに提案で使うのはクッションフロア。
9/25発売のリプロダクションシリーズ、40年前の柄を再現したシリーズなんだけど
超かわいいのが揃ってる!

(東リのカタログより抜粋)

 

 

 

ロンドンのお土産プレゼントは
14日まで受け付け中です。
こちらのブログからどうぞ。
https://jay-blue.com/blog/25400

information1 九州でパネルディスカッションに参加、登壇

10/19(水)大分県のインテリアコーディネーター協会様35周年記念イベントにお呼ばれしています。インテリアコーディネーターさんむけのトークイベントです。リアルとオンライン、双方でアクセスできるそうですのでどうぞご参加くださいませ。
詳細はこちら。

 

 

colorを入力してください。#ffffff

background-colorを入力してください。#5297ab

インテリアコーディネーター
三宅利佳

 


copyright©miyakerika