もどる

ロンドンのおみやげ話番外編/息子バージョン

2017.12.1 Fri.

英国の美術館「ナショナルギャラリー」

ゴッホやダヴィンチ、ティツィアーノ、フェルメール、モネの絵を一通りみて
最後に通った土産物エリアで足を止める息子。

ポスターを買って帰りたいというのだ。

息子の買い物は時間がかかる。

「女の買い物は長い」とよく言われるが
あの言葉はウソだ。

 

男の買い物のほうがよっぽど長い。

ゴッホにするか、モネにするか。

たかがポスター1枚買うのにそこで1時間、悩む。

「ねえ。りかさん。どっちがいいと思う?」
「どっちでもいい」

「なんだよ!インテリアコーディネーターでしょうに。
俺の部屋にはどっちが合うとか、アドバイスしてよ」
「迷ったんだったら両方買えばいいじゃん」

「決められないから両方買っていくっていう発想はナシだよ。ちゃんとひとつを選びたい」
「じゃぁ、選んで」

「だからどっちがいいと思う?」
「だからどっちでもいいってば」

 

悩んで悩んでやっと1枚のポスターを購入。
満足気な顔をしている息子。
(クラリッジズのロビーにて)

さて。

先日息子と2人でロンドンをぶらついてきまして
その話はこちらにまとめてあるのですが

LONDON(2017.10)

今日は番外編として息子の話をしましょう。
アホな買い物話です。

SOHOの街中をぶらぶらしていると
ふいに息子が興味を示す、ネスプレッソ。

我が家にコーヒーメーカーはあるけれど
マシーンは持っていません。

とりあえず、テイスティングさせてもらおうよってことで店内に。

 

ネスプレッソだよ?
日本にもあるよ?

って言ったところで
聞いていない息子(笑

おぉー。おいしいじゃん♪

「マシーン欲しいなぁ。買ってもいい?」
「え。なんでわざわざ?日本でも買えるし。アマゾンでポチっとすりゃいいし」
「ロンドンで買うから意味があるんだよ」
「どうぞ。好きにしたら~」

(この時点で気づいていない息子)
(この時点で私も気づいていない)
(でも、ブログ読者さんはもうお気づきでしょう)

時間がまぁかかるかかる。
どれにするかひたすら迷って迷って
いつまでこの店にいるんだよ、ってくらい
居座り続け

そしてついに、

「よし。これにしよう!」と息子が決断する。

(この時点でもまだ気づいていない息子)
(この時点で私もまだ気づいていない)
(でも、ブログ読者さんはもうお気づきでしょう)

 

 

重い(笑

重いんだよ。
なんでわざわざさ、
ロンドンでコーヒーマシーンを買って帰るかね。

ロンドン旅行では
息子に3万円のお小遣いを渡していました。
好きに使っていいよ、と。
何に使ってもいいよ、と。

そしたら、
ポスター5,000円と
コーヒーマシーン25,000円で
きっちり3万を使い切りやがりました。

 

帰りの、ヒースロー空港に向かう途中
ふと、私が気付く。ようやく気付く。

「これさ。たぶん。コンセントの形、ロンドン仕様だよね」

 

!!!!!!

「りかさん・・・それ、早く言ってよ!買う前に言ってよ!」

なぜ気が付かなかったのでしょう。
売り場のおねえさんに
「あら?これからロンドンに住むの?この近所?」なんて言われて
「いや、そういうわけじゃないんだけど」なんて
そんな会話してる段階で、息子も気付けw

いや、もう、買っちゃったんだからしょうがない。
変換プラグで対応しよう。

 

(この時点で気づいていない息子)
(この時点で私も気づいていない)
(でも、ブログ読者さんはもうお気づきでしょう)

 

 

そうやって、ロンドンでしか使えない形のコンセントの
コーヒーマシーンを
まんまと日本に持ち帰った息子。

変換プラグは空港で買って帰った。
自宅について、
コンセントの先に日本の形に対応する変換プラグを差し込み
さて、いざ電源をいれようかというときに

いやちょっとまて。
電圧が違うって。
変圧器がないと使えないよ!

やっと気付く(苦笑)

というわけで
アマゾンでポチっと変圧器を買う。
私がテキトーに買ってしまった。
翌日に届く。

こんなやつ。
小さい癖に、やたら重い。

 

ではでは、
改めまして。

 

ロンドンでしか使えない形のコンセントの
コーヒーマシーンに、
コンセントの先に日本の形に対応する変換プラグを差し込み、
そして、変圧器をさらに取り付けて

さて、いざ電源をいれようかというときに

 

いやちょっとまて!
この変圧器・・・
100Wまでの機器しか使えないって書いてある!

 

ネスプレッソ・・・どんだけの消費電力「かというと・・・
ぬぉー1500Wですって。

というわけで。
もっとパワフルな変圧器が必要ということがわかる。
これは私がダメだった。
テキトーに買った私が悪い。

「なんかさ。りかさんと、わたし、馬鹿みてーだな」
「えぇ、馬鹿ですね、親子して」

 

 

とにかく、変圧器(ダウントランス)を買い直そう。
1500Wに対応できるものをちゃんと調べると
こんなのが必要ということがわかる。
2万円ぐらいする(苦笑)
しかもそこそこでかい。
ちょっとした電子レンジくらいの大きさがある。

 

カシムラ アップ/ダウントランス 1500W 220V~240V 100V TI-20
カシムラ (2008-02-12)
売り上げランキング: 159,499

近所のビックカメラに実物を見に行った。
あまりの重さにびっくりした。
も、も、持てない。
どんだけの質量だ。
おまいは木星か。

さすがにこれは買うべきではないだろう(苦笑

ロンドンでしか使えない形のコンセントの
コーヒーマシーンに、
日本の形に対応する変換プラグを差し込み、
そして、やたらでかくて重い変圧器を取り付けて
1杯のコーヒーを淹れる。

 

・・・って、バカか。

 

 

 

 

 

非現実的ということがわかった。
よーくわかった。

 

ロンドンから帰国して約2か月がたちます。
先日、息子がこういいました。

「明日の日曜、丸の内に行ってくる」
「何しに?」
「俺のロンドン旅行を終わらせてくる」 

というわけで。

いま、我が家には

東京・丸の内で買ったネスプレッソマシーンと
ロンドンで買った(使えない)ネススプレッソマシーンが
2台並んでおります。

(ロンドンバージョン、欲しい人いたら差し上げます。マジで)

以上、しょうもない、親子の買い物失敗話でした。

ちなみにナショナルギャラリーで買ったポスターを
フレームに額装したいという息子

私「IKEAで安いフレーム売ってるよ」

息子「IKEA!泣くわ!」

私「そっか、ごめん。IKEAじゃモネが泣くってか」

息子「いやモネじゃねーよ。あいつは死んでる。IKEAの額縁じゃ俺が泣くって話だよ」

いちいちうるさいので
額縁屋に連れていってあげると

フレームはどれにする
マット紙はどれにする
寸法はどうする

・・・さんざんまた時間かけて買い物をした息子。
額縁代2万円。

(部屋のどこに飾ろうか悩みまくっていて、まだ床置き中)
 

君の旅行は、
戻ってきてからが
お金がかかるんじゃ。

 

追記/

このブログを読んだロンドン在住の方からご連絡をいただきました。
その方が日本へ一時帰国した際にお渡ししまして、
無事にこのネスプレッソマシーンはロンドンへと旅立っていきました!
毎日、コーヒーを淹れて飲んでくださっているそうでお写真もいただきました。
良かった良かった(笑)

ブログってすごいwwww

【月額会員制/三宅利佳オンラインサロン】
フリーランスのインテリアコーディネーター研究室

最新投稿はこちら
失敗から学んだ、一言を添える大切さ
おしゃれって何?人と違うものを求める話
壁掛けテレビの配線 その2

 


【Youtube】
チャンネル登録どうぞよろしくお願いします!
・三宅利佳インテリアサロン

 

 

 

jay blueブログ | 
PAGE TOP

Copyright © jay blue