もどる

照明で照らすべき場所、という話

2017.11.30 Thu.

どこに照明をつけたらいいかというと
基本的なセオリーはこの3つなんです。

1・テーブル面を照らす
2・通路を照らす
3・目線の先を照らす

テーブル面は、
つまりダイニングテーブルの上に灯りが落ちるようにする。
リビングテーブルの上に灯りが落ちるようにする。
デスクがあればそこに灯りが落ちるようにする。
・・・といったように

テーブル面を照らすよう、まずは計画します。

次に、通路を照らす。
廊下や玄関、広いリビングなど
人が通る時に支障のないよう暗がりをつくらないように計画をします。

この2つを意識して配灯すれば
部屋の照明はだいたいまかなえます。

そして、プラスアルファとして、
目線の先に照明を追加すれば
より空間を立体的に(ドラマチックに?)魅せられるようになります。

目線の先というのは
「部屋のドアを開けて一番最初に視界に入って来る奥の角」とか
「ソファに座った時に視線がいく壁のところ」とか、です。

 

例えばこういうことです。
スタンド照明なんかはね、部屋の手前じゃなくて、
部屋の奥、の角に置くのがいいのです。

 

テキトーになんとなく置いているわけではないのでして
照明は、置くべきところに置いています。

 

今日は簡単に照明のお話でした。

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今日も読んでくれてありがとう。
ブログ以外もどうぞ見てくださいね。

■12月のおすすめ記事

ホテルライフを時々楽しんで
インテリアレポートを書いてます。
アクセス数の多い人気ホテル2つをご紹介。

東京ステーションホテル

ザ・リッツカールトン京都

 



■YouTubeチャンネル最新動画
くだらない動画、作ってます。
よろしかったらどうぞご覧ください。

[インテリアコーディネーターのお仕事]
vol.1 東急ハンズに水性ペンを買いに行く、の巻

 

■出版本のご案内
アマゾンで買えます。
私がコーディネートさせていただきました
リノベーションの事例を載せた
「読む」インテリア本です。

REAL-LIFE RENOVATION インテリアコーディネーターとつくる世界にひとつの“リア住
三宅利佳
ハウジングエージェンシー
売り上げランキング: 72,116

 

■お読み頂きありがとうございます
ブログ楽しみにしているよ!の応援クリック
1日1回どうぞよろしくお願いします。

jay blueブログ | 
PAGE TOP

Copyright © jay blue