もどる

インテリアコーディネーターじゃなかったら何をしたいかという話

2017.8.8 Tue.

なにもない御部屋です。
新築の。

こういう状態から、
素敵なインテリア空間(なおかつそれがモデルルームではなく、ちゃんと人が暮らす空間)になるというのが
とても面白いのです。

え、面白くないですか?

私は面白くてしょうがないです。
この仕事、面白いし、いつまでたっても飽きません。
ほんとに。

だからまぁ、まだこの仕事を続けているわけです。
てへっ。

私はいまインテリアコーディネーターで、
この先もたぶんずっとインテリアコーディネーターなんだと思いますが
もしも、別の職業を選ぶとするなら?と聞かれたら

小説家か、JAZZピアニストになりたいなぁ、って思っています。

(小説もかけないし、ピアノも弾けませんがw)

そして、もしも生まれ変わって、いまと違う人生を送るとしたときには
どんな仕事をしたいか?と聞かれたら
私はですねぇ、ストリッパーになってみたいと考えたことがありますよ。
場末の劇場で、裸で踊る、あれもこれも全部みせちゃうストリッパー。
ストイックで(いまの私はストイックではない)、
はかなげで(いまの私はむしろ図太い)、
そんな人生。

・・・今世じゃなくて来世ね、来世(笑)

今世は、インテリアコーディネーターで生きま~す。

 

◎いつもお読み頂きありがとうございます。
  ブログ楽しみにしているよ!の応援クリック
1日1回どうぞよろしくお願いします。

 

◎本を出版しました。ぜひお求めください!

REAL-LIFE RENOVATION インテリアコーディネーターとつくる世界にひとつの“リア住
三宅利佳
ハウジングエージェンシー
売り上げランキング: 90,034
jay blueブログ | 
PAGE TOP

Copyright © jay blue