もどる

むすこ

2016.12.5 Mon.

人って、死んだ瞬間、12g軽くなるらしいんだ。
そんな話をどこかで聞いた。
つまり、ひゅっと抜けていくんだ。
魂の重さは12gなんだよ。
知ってた?
魂にも質量があるんだね。あの世とかって本当にあるのかなぁ。
ママはどう思う?

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そうだ。
ねぇ、こないだ芥川賞とった『コンビニ人間』はもう読んだ?
まぁまぁ普通に面白かったけど。
それよりも本屋大賞の『羊と鋼の森』のほうがオススメだよ。
早くママも読んでみたら。
ところでママの本って売れてるの?(笑)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

あー疲れた!
今日はめちゃめちゃ集中して世界史覚えた。
紅茶でも飲みたいんだけどママも飲む?
お湯沸かさない?
なんかチョコレートとかないかなぁー。
(ゴソゴソとキッチンをあさる)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

あのさ、何も悩みがないというのはダメなの?
悩んでいるフリをしなきゃいけないの?
15才はみんな尾崎豊を聞かなきゃいけないの?
俺は全然窓ガラスなんか割りたくないし。
今日はもう寝るね、おやすみなさい。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

さて。15才の息子がいます。部屋で勉強をしているのですが、夜中になるとリビングに一人でいる私のところにやってきて、こうやって 5分、10分、毎晩私と会話をしてから眠りにつくのです。何っていうこともない 他愛のない、真夜中の会話。目に付くような反抗期もなく大人になっていくというのが、今どきの「サトリ世代」と呼ばれる子供たちなんでしょうか。
何かを話したそうな時は、何かを少し悩んでいるのかもしれません。かといってそれを親に言うでもなく、おそらくは友達とのやりとりのなかで解決しているか、自分自身の中でひとりで答えを見つけるか。あるいは別になんにも悩みなんて持ってないのかもしれません。かつての私がそうだったように。息子も息子なりに生きているのだろうから、まぁ、ほっといてます。

親子、仲いいよねと時々人に言われますが、たぶん本当に「フツー」ですね。だいたい、ラインのやりとりはこんなんです、いつも。

bLOG

お願いがあると言われて、聞く耳をもたないという、この王道のベタな切り替えし(笑)どうせお願いの中身は「今月のおこづかいください」に決まってるんです。それにしても、ラインでは少し言葉遣いがスラングな感じになります。わざと言っているのですけれどもこうやってあらためて読むとなんだか品がないなぁと自分で反省します。

BLOG

お願い事をされて、「成績が良かったら」という条件を持ち出すのも、これまた王道のベタな母親の姿ですね。

BLOG

「要らない紙」といいうのは、私が事務所でミスプリントした紙のことを言いまして、それを持って帰ると裏紙を息子が勉強のノートかわりに使うんです。

BLOG

アニメ系のスタンプをよく使います、私。44才のくせに。

BLOG

「何時に帰ってくるのか」ということと「今日の晩御飯はなんなのだ」という2つの事柄しか基本的にはやりとりしません。親子なんてそんなもんです。

以上本日のブログは息子でした。明日は娘の話をします。・・・じゃなくて、インテリアの話をしよう(笑)

■■MIYAKE RIKA (jayblue) 
一般のお客様
インテリアコーディネート相談はこちらへ
        


■■ONLINESALON 

コーディネーターさん向け
・オンラインサロン 会員数120名
・セミナー講師 50講演以上
        

 

■■ONLINECOORDINATE 
工務店様向け業務支援はこちら
・WEBで完結オンラインコーディネート
  

 

jay blueブログ | 
PAGE TOP

Copyright © jay blue