もどる

モダンドレッシー

2016.3.1 Tue.

BLOG

先日ブログでつぶやいていた手縫いのカーテンが出来上がりまして
無事に納品となりました。
縫製指示書はこんなんでした

モダンでドレッシーな、女性のドレスをイメージしたカーテンです。

個人邸、と呼ぶには躊躇しちゃいそうないささか豪邸ではありますが
とにかく、玄関でして。
ドアの脇の透明ガラスがどーも落ち着かないので何か目隠しが欲しい、とのことだったのです。

設計さんは
「壁に下地も入ってませんしカーテンをつけるのは無理ですよ」
「ガラスにフィルムを貼ればいいのでは」というご提案だったのですが
カーテンぶらさげましょうというこちらのプランを選んでいただきまして
ドレッシーな玄関となりました。

BLOG

こだわったのは、スワッグの形をしたタッセルの部分。
いかに「カチッ」としたスタイルではなく
くずれたラフなニュアンスを出せるか。
現場でセッティングの融通がきくように縫製してもらいました。

BLOG
安全ピンで固定をしているのですが
透明なバーがついてまして
形がキープできるような工夫がされています。

BLOG

BLOG

開閉させない飾りカーテンなので
カーテンレール小っちゃくつけてます。

手縫いのレースカーテンは、吊元がギャザー。
厚手のドレープカーテンは、吊元フラットで、クシュっと縮めてます。
裾はあえてひきずって長め。(裾をブレイクさせる、といいます)

BLOG

BLOG

BLOG

裏からも見えてしまう、という課題もクリア。
玄関の外側からガラス越しに見ても縫い目が汚くありません。

BLOG

たまにはこんなドレッシーも提案します。
私の中の、モダンエレガントなイメージはこんなかんじ。

jay blueブログ | コメントをどうぞ
PAGE TOP

Copyright © jay blue