もどる

ディスプレイ洋書をつくる

2015.10.28 Wed.

BLOG
100円ショップで購入した出金伝票。
あ、jay blueで使っているわけではありません。

BLOG

7冊用意しました。
つまり700円。

BLOG

普通のコピー用紙(A4サイズ)をつかって何やら印刷したもの、3枚。

BLOG

それを、余分なところをカッターで切り落とす。

BLOG

さっきの出金伝票に両面テープをくっつけて、2冊を貼り合わせる。
2冊に貼り合わせたものと、3冊に貼り合わせたもの。

BLOG

で、さっき印刷してカットした紙を
文庫本にカバーをかける要領でグルっと巻きつける。

と、こうなります。

BLOG

BLOG

インテリアの洋書ってね、神田の古本屋さんにいけばいーっぱい売ってるの。
インテリアディスプレイ用としてのジャケ買い目的で行くと
もう、ウハウハにたくさんある。

だけど、高いのさ。
1冊3000円とか5000円とか、
ちょっといいやつは1万とか2万の値段がついている。

なので、こうやって「なんちゃってディスプレイ洋書」をつくるということも
あるのでした、ってお話でした。

今回はとても小さな本が欲しかったので、出金伝票がちょうどよかったのです。
欲しいサイズに合わせて中身は選んでいきましょう~。


【オンラインサロン】
三宅利佳オンラインサロン
「フリーランスのインテリアコーディネーター研究室」

月額1,500円の会員制サロンです。
詳細とお申込み窓口

 


【Youtube】
インテリア研究番組にんげんはうす


視聴回数まもなく1000突破の動画はこちら!
見てない人は要チェック!



jay blueブログ | 
PAGE TOP

Copyright © jay blue