もどる

デザイナーショーハウスストーリー act11 本の棚と瓶の砂

2015.10.22 Thu.

BLOG

というわけで、act10は「ミニカーの木」のお話でしたー。

ショーハウスリレーブログ、11番目です。

さぁて、そろそろ飽きてきましたか?

私は飽きてきました(おいっ!)

今日は「本の棚」のお話をしましょう。

2m×2mの空間内、ディスプレイを並べるために
なにかひとつ棚が欲しいなぁと考えてました。
それが、
棚に本を積む、のではなくて
本を積んで棚、にしちまえ。
ってそんな話になりました。

とにかくまぁコレクターだから。
こだわり感を醸し出そう。
そんな話です。

僕も、リカさんも、
共通しているところといえば「本」なんじゃないかなぁ?
そうですねー、確かに、自分たちの持ち札で勝負できるものといえば、本。
本だよね。
2人ともそこそこの量を持っている、はず。
それで棚作りましょう。
そんな話で。

BLOG

じゃ、りかさん。
背表紙が青い本だけ集めといて。
はい了解ー。
うちにあった本で、背表紙が青いやつ、これくらいありました。
写メ、カシャツ。
足りるかな?足りないかな?
足りない分はボクからも補充できるから大丈夫ですよ。

ってそんな話。

 

(今日、手抜きか!)

BLOG

はい。

そんな話、そんな話で。

こんな「本の棚」に。

BLOG

説明がざっくりすぎてすみません。
ざっくりやったようにみえて
棚の塗装色とか
けっこう真剣に検討していたりするんですが。

BLOG

ていう、そんな話でした。

そうやって組み立てた「本の棚」には、砂の入った小瓶を並べました。

綺麗な空き箱や、空き缶。
使い道があるわけでもないのだけれど、なんとなく集めてしまっている・・・
そんな人もいるのではないでしょうか?
このお部屋の人は、そうやってなんとなく捨てられずに集めてしまったのが
「小瓶」というコンセプトでして
そこに旅行先で拾った砂を入れてコレクションをしているんですー、ていう
そんな話です。

2003年に行った北海道の砂。
2013年に行ったパリの公園の砂。
・・・なんていうふうにね。
そんな話にしました。

ワイヤーで作った年号。

BLOG

車の運手中や、設営にむかう新幹線の中で作る!(笑)
(どれだけギリギリな作業なのでしょう)

そして、小瓶にいれる砂は
なんと設営前日の真夜中に、公園で飽き集めてきたものでした。
暗闇の中、黙々とビニール袋に砂を集める大人2人。
かなり怪しい人影になっていたことと思います。

はい、そんなわけで。

青い本だけを集めて積み重ねられた「本の棚」と、
透明な小瓶に詰め込んだ「砂」
そんな話でした。

BLOG
(同じ写真を貼るな)

もう、そんな話はいいですか。
(若干こわれてきましたwww)

はい、次はどんな話でしょう?
デザイナーショーハウスストーリーact12 花の本、色の本 へ

【オンラインサロン】
三宅利佳オンラインサロン
「フリーランスのインテリアコーディネーター研究室」

月額1,500円の会員制サロンです。
詳細とお申込み窓口

 


【Youtube】

▼新着動画ご紹介

・三協アルミ公式チャンネル

内装建材「AMiSシリーズ」のCMムービー
販促プロジェクトの監修と出演をしました!
セリフが棒読み!ハズい!でも見て!

 

・インテリア研究番組にんげんはうす

インテリアを仕事にする

有料配信レベルのセミナー的内容を無料配信!
2人のICの
こんな赤裸々なトーク他にはない!
47分間のガチトーク。

00:00 オープニング
00:38 ゲスト紹介
01:49 個人事業VS会社
06:52 テシード紹介CM
08:58 マイルール
12:32 SNSやメディアでの発信
19:53 ICが期待されていること
25:55 嫉妬や誹謗中傷
29:20 いま手掛けていること
39:14 スキルUP
42:27 お金
45:49 スイッチをいれる
46:30 しめの挨拶(バイバイ)
46:46 エンドロール(グラレコ板書シーン早送り)
47:10 エンディングムービー(猫)

 

-----------------------------------

その他の インテリア研究番組にんげんはうす
も観てね!

 

jay blueブログ | コメントをどうぞ

この記事のトラックバックURL https://jay-blue.com/blog/12616/trackback

PAGE TOP

Copyright © jay blue